スポンサーサイト

      上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
      新しい記事を書く事で広告が消せます。

      三匹目はフックを切断…。

      画像・動画は先日24日(水)の三匹目です。
      あまり大きくはありませんが、このポイントで獲るのは久しぶりですね。

      ここはスロープ横と言っても良いくらいに近い場所で足場も良く。
      なので日曜・祭日にはオカッパリさんで大抵埋まってます。
      なので近寄らないんですなぁ自分的には。
      だれも入ってないとやることもありますが、そんな時は他のボーターさんも入るしねぇ。

      ただここも数年前よりは砂が堆積したようです。
      詳しい事は不明ですし単に勘違いかもしれませんが、私の。
      どうも「硬いストラクチャー」が減った感じなので…。
      テトラの良いのはありますが、どうも埋まった物が多いのかなぁ?

      ところで、動画はあまり「やる気」が見えません。
      この時、風向きが反転してボートは後ろ側へ押されてますし、釣行もそろそろ止めようかな、ってタイミングでした。
      加えて乏しい魚群探知機への二次反射の少なさだし。
      明確なストラクチャーが見えないままでしたが、直前に魚は映っていたのに…です。
      ボーっと浮いた鯉かなんか、かなぁ?くらいに考えてましたよねぇ。

      ですけどラインが走って…でした。
      タックルは普通はこのヘビダンではフックをオフセットの3/0にするのですが、ここではストレートフックの4/0。
      単純にフック切れですねぇ在庫が底を尽きました~買出し、最近行ってなかったのでねぇ。
      このくらいの近距離なら問題ないのですけど、もう少し遠投したらフッキング力が足りなくなる可能性が大です。
      ボートポジションを沖にとって岸際から探ってくる場合にキャスト直後のバイトをバラす確率が上がるわけですね。
      ストレートフックは近距離ではバスの口に「厚く刺す」のでカバーがあってもバレない頼もしさはあります。
      が、その分フッキングに力が要るのも事実です。
      距離があるとラインの「伸び」でロスが出てしまいますので。
      まあ、良い目に出て良かった次第です。

      セットしたロッドがセントクロイ・レジェンドエリートEC70HFなのも幸いだったでしょうね。
      非常に硬いし、7フィートあるのでフッキングストロークも大きく取れたし。

      フックも魚の「目」に行かなくて幸いでした。
      ただ、針の「かえし」、「バーブ」が抜く時にダメージを与える事は明確でした。
      なので「ニッパ」にてバーブを切断して切り抜けました~。

      101124012.jpg

      さて、使用したニッパは少々「刃」が頼りないので思い切って「ワイヤーカッター」の購入も考えてます。
      が、この時の使用なら問題無いのですが、喉の奥の切断はその形状から無理っぽくもあり。
      今一、踏み切れてないのでした…。





      スポンサーサイト
      Secret

      プロフィール

      じぇ~ん♂

      Author:じぇ~ん♂
      遠賀川でバス釣りするオジサンです…。

      最新記事

      最新コメント

      最新トラックバック

      月別アーカイブ

      カテゴリ

      FC2カウンター

      検索フォーム

      RSSリンクの表示

      リンク

      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

      QRコード

      QR
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。