スポンサーサイト

      上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
      新しい記事を書く事で広告が消せます。

      昨日の5匹目は体力的に…。

      昨日の釣行は殆どが「壁撃ち」だったのですけど。まあ基本的に遠賀川上流がホームだった私は「沖」には「うとい」んですなぁ。

      最近?通いだしたここ「下流」。同じ川でもある意味「別物」です。これも前愛艇の10フィート平底ではかなり制限が厳しかったのもあって。少しだけ12フィートV艇になって「触手」が伸びて下流へと…なんですけどねぇ。

      もっと遡るとオカッパリ時代?の時は、ブレイク専門みたいな感じでした、今より「沖」よりだったかな?それとサイトが趣味でしたねぇ。

      いろいろと把握する為にはとりあえず、目で見える環境からなにか掴めるかなぁって。果たしていろいろとわかることはあるようです。底質とか水深とか…。

      物理的な事を言いますと、沖はどうしても「山立て」や今ならやはり「GPS」が必要でしょうね。あいにく持ってないってのもあります。

      でまあ、最初は全護岸を撃つ覚悟ではありますけど。それでも水深やらカレントやらである程度は絞り込んでいます。それにしても当初はもっとチェックに時間が掛かるものかと思ってました。けど、自分的にはそうでもないような…。

      確かに単純作業なので飽きるかも?と。でも、やってみると新しい情報が入り込んでくるので「飽きない」ですよねぇ。まあただの「フリップバカ」かも?しれません…。

      画像・動画は最後の魚です。風は風速5程度でおまけに横からでした。なのでもうヨレヨレでした~この時点で。

      動画は、バレたあとの一投目と繋いでいます。フッキングした後にラインをリール・ハンドルに巻き込むという「失態」を演じてますけど。やってる本人はこれは「風」の仕業かと。ですけど、動画で見る限り、一度フリップで引き上げようとしてバイトを感じての巻き込みですなぁ。よくやる事なんですけど、ほぼ無意識にやってるので気が付きません、まったくねぇ。

      これも本来、右利きなら右ハンドル仕様でのフリップが正解なのですが。そうでないと私みたいにライン巻き込みが発生し易くなります。なるべく手首を下向きに返して回避しようとはしますが。

      私は、ねぇ。どうしても左手でしかラインスラッグ処理ができないんですよ。それとほぼ無アクションともいえるフリッピングですけど。これも私の場合は、微妙にシェイク?アクション?を右手首で入れてしまうんですよねぇ…。

      スポンサーサイト
      Secret

      プロフィール

      じぇ~ん♂

      Author:じぇ~ん♂
      遠賀川でバス釣りするオジサンです…。

      最新記事

      最新コメント

      最新トラックバック

      月別アーカイブ

      カテゴリ

      FC2カウンター

      検索フォーム

      RSSリンクの表示

      リンク

      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

      QRコード

      QR
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。