スポンサーサイト

      上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
      新しい記事を書く事で広告が消せます。

      相変わらず「バラして」ます…。

      昨日は、様子見の筈の橋脚撃ちが。
      バイトは多かったものの乗らない、挙句にバレるという。
      かなり魚に弄ばれた感じですけど、一つには使用ロッドをいつもと換えてたという事もあります。

      いや長い間、今回の動画でも映ってますが「ゼナック・スピラドS0-60」を使ってました。
      エクストラファースト・ライトパワーのロッドですね。
      で、ここ最近は「セントクロイ・レジェンドエリートES60LF」を使用。
      こちらもLパワーですけど一回りパワーは上です。長さはどちらも6フィート、操作性は良い部類。

      これにリーチタイプのワームをオフセットフック仕様でセットしたダウンショットリグ。
      なので「マス針」よりは若干?かなり?フッキングパワーを要します。

      スピラドはかなり感度が良く、ほんの少し魚が触ったくらいでも感知します。
      が、私の合わせ方では初期のフッキングパワーが不足しがちです。
      感度が良くて、パワー不足ですと当然ながらバレが多くなりますよね。

      エリートは、そこまで感度は良くありませんけど、フッキングパワーはかなりあります。
      張りが独特っていうか、アメ物というのか?なのでバイト感知は減りますが乗せられるんですよ。
      特にラインを出したキャスト直後のバイトは長いラインの「伸び」でかなり差がでます。
      動画はまさにそんな情景?でした。

      元々エリートを入手したのはそんな動機からでしたし。
      それでも今回あえてスピラドを使用したのは魚の気配を多く感じたかった為もあります。あまり出てない上流の状況が解りたかったので。
      まあ、リールのメンテで安易な考えに走ったのも…その後、いくつものミスバイトで頭に血が上ったのはいつもの私らしい、ところでした~。

      若干、エリートでは投げ難いってのはありますけど、つまりは「慣れ」程度です。
      スピラドはもっと軽い「スモラバ」を受け持ってます、最近は。
      これならフックポイントも「剥き出し」ですしね。

      それにしてもダウンショットは普段から使ってますが、相変わらず「ジグヘッドワッキー」はやりませんねぇ。
      それとスモラバもあまり登場してません、糸ふけをロッドで作る「ミドスト」では使用しますけど。
      プレッシャーの高まった下流ではどれも必要性ありのような…。
      「ネコリグ」もエリートでやってますが、これはもう少し長いロッドが合ってますし、おそらく。
      「ミドスト」もセントクロイ・プレミアPS66ULFでやってますけど、専用ロッドも必要なのかも、とも。

      スピニングのラインナップを色々と考えさせられた今回の上流釣行でした。
      そうなるとリールも、かなぁ。
      かなり先は長いですよねぇ…。





      スポンサーサイト

      Re: No title

      こんばんは、wildstyle98さん。
      ブログ訪問させてもらいました。
      私は今月50歳になりましたから、お父さんの方が年齢が近いのかも?しれませんねぇ。
      セントクロイの7フィートはEC70HFを持ってます。
      ボートからのピッチングでは5gテキサスもなんとか投げますが、オーバーハンドキャストですとかなり無理がありますねぇ。
      ちなみに今は3/4ozフットボールを付けてます…。

      No title

      私は父にレジェンドエリート(EC70MHF)を貸していたのですが、投げ難そうでした。まずは柔らかい竿で慣れてもらう為、新しいロッドを買ってあげました。
      Secret

      プロフィール

      じぇ~ん♂

      Author:じぇ~ん♂
      遠賀川でバス釣りするオジサンです…。

      最新記事

      最新コメント

      最新トラックバック

      月別アーカイブ

      カテゴリ

      FC2カウンター

      検索フォーム

      RSSリンクの表示

      リンク

      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

      QRコード

      QR
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。